読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さつまいもエバンジェリストのブログ

さつまいもの魅力と可能性に惹かれた男が語ります

さつまいもの新商品開発によって検証したい仮説について

さつまいもカンパニー

前回の記事で採択されたと報告させていただきましたさつまいもの需要拡大対策について、農林水産省から事業内容について事前に問い合わせを受けた中から、弊社の考えや仮説について知っていただけそうなものを、ここにも書いておこうと思います。

Q1. ペースト状に加工したものをもち米粉等と練り合わせ揚げ物とし、冷凍して販売するとなると国産としての特徴がだせるのか。

A1. 昨今、国内において、ムラサキ芋を使った製品をいくつか見かけるが、品種にまで言及して販売を行っている製品は見かけたことがない。今回の商品化にあたっては、すべての種類において国内で育成された品種を使い、製品ラベルや説明にサツマイモの品種名を明記し、国内で育成された品種であることを全面的にアピールすることで、原材料から日本オリジナルであり、それをもって実現できた味・品質であることを示すことができると考えている。
また、日本においてこれまでカラフルなサツマイモ品種が育成されてきたが、それらを使った消費者が身近に感じるような食べ方が提案されていないことが、これらカラフルサツマイモの消費が伸びない理由だと考えている。今回の商品はそのようなカラフルなサツマイモ品種を美味しく簡単に食べることができるようにすることで、国内で育成されたサツマイモを広く知ってもらう機会を消費者に提供できるものと考えている。

Q2. 国内においてクックパッド等のレシビはあっても、これまでなぜ製品化に至らなかったのか。

A2. 日本国内で生産/消費されるサツマイモの多くは芋自体が甘いため、焼き芋やふかし芋といったサツマイモをそのまま調理して食べることが多く、サツマイモを料理の材料として使う必要性があまりない。本商品はどちらかというと、芋自体はあまり甘くないが機能性がある品種を美味しく食べるためのものであるため、一般的な甘い品種を使った場合は、このような製品化の必要性がなかったのではないかと考えている。
また、一般的な認知度の高いサツマイモ製品(例えば、大学芋やスイートポテト)をすでに製造している企業では、日本において認知度の低い『さつまいもボール』をわざわざ製品化する必要がないのではないかと思っている。『さつまいもボール』という商品、使用するカラフルさつまいもの品種、弊社自体、すべての知名度が低い状況だからこそ、製品化やマーケティングに取り組みやすいと考えている。

上記だけではなく、今回の取り組みを通じて検証したい仮説がいろいろあります。
事業としてはさつまいもにフォーカスしていますが、農業に関する問題解決に結びつくような気付きも得られるように、俯瞰的にも仮説検証をしたいと思います。

さつまいもの需要拡大対策が採択されました

さつまいもカンパニー

私が考える六次産業化の取り組みの多くが失敗する理由という投稿の冒頭でふれました、補助金申請が無事に採択されました。

『カラフルなさつまいも品種を用いたお菓子である“さつまいもボール”を開発することにより、国産さつまいもの新たな需要を創出するとともに、商品開発に不可欠な有色さつまいも品種の契約栽培に取り組むことにより、産地との連携体制を構築する。
ことを目的としています。

つまり、欲張りですが、地方振興も同時にはかりたいと思っています。現段階の計画では島根県のみですが、今後は品種に合わせた最適な栽培地を見つけていきたいと考えていますし、リスク管理としても複数地域での栽培は必須だと思っています。

5月中頃に申請書を提出してから、事業内容について質問をいただくまでに1か月。
その後、ここ1ヵ月の間に言い回しや申請項目等を指摘されて修正を何回か繰り返してました。
担当の方が細かくアドバイスしていただけたのが救いでしたが、ここまでの道のりは長かったです。

国からのお墨付きを得られた「さつまいもの需要拡大対策」として事業を推進し、 国の大切なお金を活用させていただきます。

小規模な食品小売店舗もプライベートブランドに取り組むべきだと思う

さつまいもカンパニー 販売

ここ数年の間、大手コンビニや食品スーパーがプライベートブランドに力を入れているように、小規模の食品小売店舗であっても製造小売を手掛けることを目指した方が良いと感じています。
やはり、流通を通して卸してもらった商品には粗利に限界がありますし、差別化も難しいです。

小さくてもプライベートブランド

多くのプライベートブランドがそうであるように、商品の中身自体はメーカー品とほぼ同じであっても、パッケージやネーミングを自店舗オリジナルにするだけでもとりあえず良いと思っています。

例えば、さつまいもを使った商品として干し芋を考えてみますと、店舗で買ったことは覚えていても、その商品の製造元や商品名まで覚えていることは稀です。(特に似通った名前が多いので)
次の機会にその店で買おうとしたところ、たとえ製造元が変わっていたとしても、その店舗で買った商品が美味しいのであれば、手に取ると思います。

メーカーは認知度を上げるために多大な広告宣伝費を費やしています。これは価格に転嫁されています。
小売店舗は店舗自体の認知度を上げていけば良い。個別の商品に対して広告宣伝費を費やす必要はありません。

オリジナル商品をメーカーと同じ価格にすれば粗利は増えます。または戦略的に価格を下げて呼び込み商品とし、クロスセルで粗利を確保するも良しです。

小規模店舗の場合は、徹底的に小商圏にこだわって常連顧客にしっかり定着してもらう。一方でネットも活用し、商品の良さやコミュニケーションを理解してくれる顧客層を積み上げていくことが大事ですね。

さつまいもブランディング

弊社はまだ小売店舗もプライベートブランドもできていませんが、もちろん上に書いたことを念頭において事業を進めるつもりです。

「さつまいも」という単語から連想される企業として「さつまいもカンパニー」が一番になる「さつまいもNo1企業」を目指します。
もちろん扱うのは食品なので、さつまいも青果/製品の品質が第一ですが、さつまいもに関する情報発信やサービスについても取り組んで行きます。

最後に、取り組み方は少し違いますが、米国におけるフードチェーンの戦略も参考になるので、載せておきます。 

innoplex.org

ナショナルブランドとプライベートブランドについての、インタビュー調査、事例研究、データ分析が豊富に載っていて、これも良い本でした。

デュアル・ブランド戦略 -- NB and/or PB

デュアル・ブランド戦略 -- NB and/or PB

 

 

私が考える六次産業化の取り組みの多くが失敗する理由

農業 さつまいもエバンジェリスト

5月にブログの更新がぽっかり空いていましたが、その理由は農林水産省の外食産業等と連携した農産物の需要拡大対策の補助金に申請するため、申請締切日直前まで書類作成に追われていたからでした。

このような申請が初めてだったので、勝手がわからないことだらけで、いろいろな方に助けていただきました。本当に様々な出会いに多謝です。

さて、言い訳を兼ねて書いておきますと、私は補助金の類いが嫌いなのと、事業はリスクマネーでやるべきだと思っているので、これまで補助金は避けてきました。

しかし、この補助金が最終顧客に接している企業向けであって、これまでの一次産業者向けの六次産業化補助金ではなかったので、これは意味があると思ったので申し込みました。

弊社なら補助金の何倍もの経済効果を生み出せると思っています。

六次産業化が失敗する理由

さて、これまでいろいろな地域を回って、いろいろな六次産業化の取り組みを見てきました。

失敗している取り組みを見たり聞いたりして感じたのは、一次産業の視点に立った取り組みだとダメだということです。つまり、例えばある農産物を加工して売るというのが、その地域や農産物にとって新規性があったとしても、最終的な顧客にとって新規性がなければ受け入れられません。

六次産業化という題目は消費者にとってほぼ無価値です。重要なのは、直接的に消費者とコンタクトがとれ価値を伝えることができるかどうかだと思います。

そういう意味で、もし国が農業振興を考えているのであれば、最終顧客に接している企業で、生産者に対しても真摯に向き合える企業に対して、サポートすべきだと思っています。

感覚的にですが、最近はみんなわかってきて、餅は餅屋として各レイヤーの企業/団体が提携する方向に向かっている気がします。

さつまいもNo1企業に向けた一歩

上記に書いた補助金は、生産者との栽培契約が必須となっています。
弊社が直接的にさつまいも栽培を行うのはまだ先の話になると思いますが、大きく本格的な取り組みとしては初なので、これを機にさつまいもNo1企業に向け一歩踏み出すことになりそうです。

可愛らしいさつまいもの花が咲きました

さつまいもエバンジェリスト

前回の投稿で書いたさつまいもに無事に花が咲きました。
ベランダでさつまいも栽培を楽しんでみます - さつまいもエバンジェリストのブログ

https://www.instagram.com/p/BHnut3Ggiw7/

Facebookにも投稿したところ、朝顔に似てかわいらしい花ですねというコメントをいただきましたが、サツマイモは朝顔と同じくヒルガオ科に属しているので、花の形が非常に似てるのは当たり前なんです。
また、蔓性であるところや葉の形にも類似が見られますね。(下は朝顔です)

f:id:ayukihashimoto:20050828115653j:plain

サツマイモは花の数が少なく受粉しにくい上に、受粉後の寒さで枯れてしまう事が多いため、品種改良では種子を効率よく採るためにアサガオなど数種類の近縁植物に接木して、台木から送られる養分や植物ホルモン等の働きによって開花を促進する技術が使われるそうです。(Wikipediaより)

いま育てているものも咲いた後に花がすぐ落ちるので、種子がとれるかどうかはわかりませんが、もし採種できれば、来年は種からも育ててみたいと思います。