読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さつまいもエバンジェリストのブログ

さつまいもの魅力と可能性に惹かれた男が語ります

さつまいも青果7品種を交通会館マルシェで販売してみました

販売

4月16日、17日の2日間、有楽町/交通会館マルシェでさつまいも青果と干し芋の販売をしてきました。
さつまいも青果は、紅さつま、紅はるか、安納紅、安納こがね、こがね人参、アヤムラサキ、シルクスイートの7品種を並べて、どれでも1本100円で販売しました。

FBなどを見て来ました!とおっしゃってくださったお客様もいて、非常に嬉しかったです。

マルシェ1日目

f:id:ayukihashimoto:20160416112144j:plain

初出店のため右も左もよくわからないまま、配布された机や台などを組み立ててみます。正式には11時半から販売開始でしたが、10時過ぎから通りすがりの方がちょこちょこ買ってくれました。

一日中天気が良かったことで、客足はコンスタントにあり、結果的にさつまいもは200本ちょっと売れました。

多い方で13本(外国人の方!)、平均で一人2~3本のお買い上げ。
弱気な価格設定なのでお買い得感もありますが、品種で食べ比べしたいと何本かまとめて買ってくれる人が多かったですね。ここは狙い通り。

干し芋は思ってた以上に売れなかったですが…

マルシェ2日目

f:id:ayukihashimoto:20160426151730j:plain

前日とはさつまいもの配置を変えて、タブレットPCとiPadをつかってPOP代わりに、説明などを流してみました。

ただ、14時ぐらいまで強風と雨で客足が少なく、天候回復してからなんとかでしたが、結果的に前日の半分の100本にとどまりました。

売れると楽しいけど、売れないとほんと苦痛ですね…小売は特に。

安納芋は用意したものはほぼ完売。紫いもは思ったよりも売れたけど、紅はるか&シルクスイートがあまり売れませんでした。

けど種類が多さや紫やオレンジいもにひかれて見に来てくれる人が多かったので、種類は揃えておいたほうが良いと思いました。

「来週も出てますか?」と聞いてくれたり、さつまいものこと色々聞いてくれたり、コミュニケーションがあるのは、通販にはない良さですね。やっぱり直接の顧客接点は大事です。

中国、韓国、ベトナム、欧米(見た目判断)など、外国人のお客様もいて、4~5本まとめて買ってくれることが多かったです。

f:id:ayukihashimoto:20160417124906j:plain

思ったこと

以前も直売所やイベントで販売したことがありますが、その時に比べると、有楽町駅前という立地の集客力は段違いに大きいと感じました。
通販も同じですが、小売りの成約率は数%以下がほとんどなので、いかに多くの人の目に入るかということは大事ですね。

また、客層も良いので、こだわったもの、珍しいものを買って食べてみたいという思いが強いと感じました。
ただ、つまるところマルシェ慣れされている方が多いので、市販されてそうな加工品は売れない。エッジをきかせたり、少々不格好でも手作り感のあるものを売らないとダメだなと思いました。

さつまいもカンパニーの写真を撮影しました

さつまいもカンパニー さつまいもエバンジェリスト

先日、友人が立ち上げたセミプロ、ハイアマチュアカメラマンに撮影を依頼できるリーズナブルなサービス「Our Photo(アワーフォト)」を利用して、会社案内のプロフィールに使うための写真を撮影してもらいました。

our-photo.co

ただ、プロフィール用写真だけだと時間が余ってしまったので、いろいろなポーズで撮影してもらいました。まだまだ表情が固いですが、ちょっとしたモデル気分でした。

どんな写真を撮影したかというと…

さつまいものこれからについて思いを馳せる

f:id:ayukihashimoto:20160426144951j:plain

さつまいもの未来について悩む

f:id:ayukihashimoto:20160426145009j:plain

ひらめいた!

f:id:ayukihashimoto:20160426145014j:plain

これだ!

f:id:ayukihashimoto:20160426145022j:plain

やってるでー!

f:id:ayukihashimoto:20160426145024j:plain

むむむ…

f:id:ayukihashimoto:20160426145029j:plain

やってしまった…

f:id:ayukihashimoto:20160426145037j:plain

引退します…

f:id:ayukihashimoto:20160426145041j:plain

今後、Facebookやブログなどで効果的に?活用していきたいと思っています。

 

会社設立イベントのさつまいも料理レシピをクックパッドで公開しました

調理

すっかり時間が経ってしまいましたが、設立記念パーティでお出ししたさつまいも料理のレシピをクックパッドに投稿しました。
今後も、さつまいも料理レシピを追加していく予定ですので、お楽しみに。

さて、小ネタですが、調査したのは2年ほど前なので少し変わってるかもしれませんが、クックパッドにてさつまいもと一緒に検索されているワードの第1位は「サラダ」でした。
サラダで食べるには、ホクホクした品種がお勧めですね。(関東だと紅あずま、関西だと金時系)

ちなみに、第2位は「ケーキ」、第3位は「離乳食」でした。あとはなぜかリンゴも一緒に検索されていたり、ホットケーキミックスも検索数が多かったですね。

今回、サラダやケーキのレシピも投稿しましたので、ぜひ作ってみてください。

cookpad.com

スマートアグリシンポジウム2016に登壇させていただきました

さつまいもカンパニー さつまいもエバンジェリスト

桜の花がちらほらと咲き始めた日比谷公園にて、3月28日に開催された日本農業情報システム協会主催のスマートアグリシンポジウム2016に登壇させていただきました。

f:id:ayukihashimoto:20160330112749j:plain

「ITサービスの活用がもたらす農業イノベーション事例の紹介」というテーマで、さつまいもカンパニーの目指すところだけではなく、日本の農業に対する率直な意見を好き勝手に話させていただきました。

イノベーションとは目新しいことだけを指すのではなく、当たり前のことをみんなができるようになることでもあり、当たり前のことができにくい状況を改善していくことが大切だと思います。
ITはあくまでも道具であり、きっかけに過ぎないので、どう利活用していくかは、使っている方々が日々考える必要があります。さつまいもカンパニーでは、さつまいも生産者の方を主な対象として、その手助けができればと思っています。

f:id:ayukihashimoto:20160330113209j:plain

登壇後、某県の農業振興課の方から「日本の農業現場の状況に沿った内容でよかったです」とお言葉をいただき、非常にうれしかったです。

jaisa.org

さつまいもの新しい楽しみ方を考える、さつまいもワークショップを開催しました

調理

先週の月曜日に、さつまいもの新しい楽しみ方を考えるワークショップを表参道のキッチンスペースで開催しました。
さつまいもサポーターズの面々とともに、品種×カット方法×ちょい足しの組み合わせをいろいろと試してみました。

使用したさつまいもの品種は、紅さつま(黄)、こがね人参(オレンジ)、アヤムラサキ(紫)の3種類。
白色のさつまいもとして黄金千貫も試してみれば良かったなと、材料を取り寄せてから後悔しました。次は黄金千貫も加えたいと思います。

f:id:ayukihashimoto:20160321105317j:plain

調理開始

専用機械がないので手でカットしていきます。
紅さつまは硬くてかなり苦労しましたが、残りの2品種は柔らかくてカットしやすかったです。この辺りも品種間の違いが出てきますね。

f:id:ayukihashimoto:20160321110527j:plain

f:id:ayukihashimoto:20160321111239j:plain

f:id:ayukihashimoto:20160321111513j:plain

今回は油にはこだわらず、クセのないサラダ油を使用しました。
細くカットしていることもあり約10~15分ほどで出来上がりました。

f:id:ayukihashimoto:20160321111349j:plain

試食開始

ちょい足しは、梅塩、カレー塩、抹茶塩、サルサソース、チリソース、バジルソース、キャラメルソース、チーズディップ、ウスターソース、マヨネーズ等。
梅塩、チリソース、バジル、チーズは美味しかったですが、ソースは絶望的に合わなかったです。

f:id:ayukihashimoto:20160329121644j:image

最初は少し太めに皮を残してカットしてみました。
こがね人参は皮が固くて舌に残るのと、アヤムラサキは皮が黒くなり見た目が悪くなりました。コントラストの関係で、紅さつまは皮を残した方が良さそうです。

f:id:ayukihashimoto:20160321114107j:plain

こがね人参とアヤムラサキは皮をむいてから揚げてみました。不思議とこがね人参はオレンジ色が強く残るようになりました。
三品種の味の違いは思ったよりも出ず、冷めてくると若干の違いが分かるようになりました。

f:id:ayukihashimoto:20160321115557j:plain

ただ、細くカットした場合や、小さくダイス状にカット場合は、不思議と三品種の味の違いを感じることができました。
仮説ですが、太い場合も冷めてくると味の違いがわかるようになったように、熱い状態だと微妙な味の違いがわかりにくくなるのではないか。細く、小さくカットした場合は、早く冷めるので味の違いがわかりやすいのではないかと思いました。

f:id:ayukihashimoto:20160321125752j:plain

f:id:ayukihashimoto:20160321125746j:plain

クラッカーのように正方形にカットして、チーズをのせて食べてみましたが、これはかなり美味しかったです。
設立イベントでも焼いた黄金千貫をクラッカーに見立てた前菜の評判が良かったですが、こういう食べ方はさつまいもにあっている気がします。

f:id:ayukihashimoto:20160321122448j:plain

少し盛り付けも工夫してみました。

f:id:ayukihashimoto:20160321130510j:plain

f:id:ayukihashimoto:20160321130533j:plain

感想

一通り試食が終わった後は感想などを共有しました。

  • 揚げるという調理方法は味の違いがはっきりしなくなるので、見せ方で工夫したほうが良いのではないか。以前、設立イベントでサラダで食べたときのほうが味の違いがはっきりしていた。
  • 大学芋や芋ケンピなどは蜜や砂糖がたっぷりかかっていて健康に悪そうなイメージがある。代わりに梅塩やバジルソースなどをちょっとつけるのは良いのではないか。
  • ターゲットを若い女性にする場合は、健康をキーワードに栄養素(ビタミンや食物繊維)がわかりやすく伝えるのが良いのではないか。
  • 細くカットしたりダイス状のほうが、気軽に食べることができる。また、思ったよりもいっぱい食べることができる。

などの意見が出ました。

f:id:ayukihashimoto:20160321131740j:plain

最後にさつまいもサポーターズの面々とともに。
次回は、さつまいもの形状(カット方法)や見せ方(色の組み合わせやパッケージ)、提供方法にフォーカスしてやりたいと思います。

f:id:ayukihashimoto:20160321133930j:plain